「自分の健康は自分で守る(セルフケア)」

IMEDISセフルケアとは、「自分の健康は自分で守る」
という考え方を理解し、そのために必要な知識、技法を身につけ、
日常生活の場でそれを積極的に実施できる人材育成制度

IMEIDSセルフケアトレーナーになると

「脳こり」「首こり」リリースのプロになれる

医療従事者レベルの専門情報の発信元になれる 

オリジナル健康情報を持つセラピストになれる

医療現場からの情報を始め、様々な分野からの
健康関連情報を入手、発信できる

医療従事者レベルの専門情報の発信元になれる

できることから、最新であり他では絶対に
入手出来ない健康情報を得ることができる

オリジナル健康情報を持つセラピストになれる

よくあるお客様のお悩み

慢性的な倦怠感で
悩んでいる

内科に言っても
整形外科にいっても
痛みが取れない

精神的な不安定を
抱えているが、
精神薬が辛い

IMEDISイメディスセフルケア・トレーナーになって

一緒にお客様のお悩みを解決しませんか??

Features
IMEDISセフルケア・トレーナーの役割

Features IMEDISセフルケア・トレーナーの役割

01.脳こり

「脳こり」とは、自律神経バランスが乱れており、
頭(脳)と身体のバランスや心と身体のバランスが
上手に取れていない状態です。

『脳がこる』ことで

など身体全体の不調を招きます。
セルフケアトレーナーは、「脳こり」をゆるめる為の
知識・技術をもつプロフェッショナルです。

02.セルフケア

⼀⼈⼀⼈の働く⽅が、
「⾃分の健康は⾃分で守る」という考え⽅を理解し、
そのために必要な知識、技法を⾝につけ、
⽇常⽣活の場でそれを積極的に実施できることが
セルフケアの基本です。

厚⽣労働省

セルフケアトレーナーは、お客様の「脳」と「身体」をゆるめて癒やすだけでなく、お客様自身がセルフケア出来るようサポートするトレーナーです。

02.セルフケア

⼀⼈⼀⼈の働く⽅が、
「⾃分の健康は⾃分で守る」という考え⽅を理解し、
そのために必要な知識、技法を⾝につけ、
⽇常⽣活の場でそれを積極的に実施できることが
セルフケアの基本です。 

厚⽣労働省

セルフケアトレーナーは、お客様の「脳」と「身体」をゆるめて癒やすだけでなく、お客様自身がセルフケア出来るようサポートするトレーナーです。

03.バック・トゥ・
  ザ・ネイチャー

03.バック・トゥ・ザ・ネイチャー

Back to the Nature = ⾃然回帰

⼈類が⻑い年⽉培ってきた⾃然と協調した
ライフスタイルの意識を取り戻し、⾃然と調和した⽣活習慣を⽬指す事で「健康」を取り戻し、維持すること。

セルフケアトレーナーは、
現代社会における自然と調和したライフスタイルを
研究・実践していきます。

ワンランク上のスキルアップを目指す

IMEDISセフルケア・トレーナー講座

Story
なぜセルフケア・トレーナー講座を
やろうとおもったのか

Story なぜセルフケア・トレーナー講座をやろうとおもったのか

IMCクリニックの来院者をみて・・・

IMCクリニックは、
イメディスシステムを使用した
医療に特化したクリニックです。

日本全国から、様々な悩みを抱えた方々がIMCクリニックに診察にいらっしゃいます。

慢性的な体調不良を抱えている方、
いくつもの病院を巡っている方、

それでも体調不良の原因が分からず、
辛い思いをされ続けて来院される方も
多くいらっしゃいます。

イメディスシステムは原因究明が得意な医療:

対処療法とは違い、
「何が原因で身体が不調をおこしているのか?」
を調べるのがIMCクリニックです。

原因不明と言われて来院された方々でも、原因を見つけ出し、 根本治療を行うことで体調を改善される方が多くいらっしゃいます。

 慢性的な倦怠感で悩んでいる方

 内科に言っても、
  整形外科にいっても痛みが取れない方

 精神的な不安定を抱えているが、
  精神薬が辛い方 などなど

「多くの方の悩みをできるだけ解決したい!」とオープンしたクリニックです。

イメディスシステムにおけるクリニックでの実際の症例は、講習内容に含まれています。

ただ

クリニックに来院された方の一部は定期的に診察に戻って来てしまうのです

なぜか?

それは、原因を見つけて、治療をして、身体が元気になっても

毎日の生活環境・習慣に変化がない場合、また体調不良を引き起こしてしまうのです。

当クリニックの院長村上浩医学博士は医者としては異例の経歴を持っています。

サッカーの元日本代表選手から猛勉強をへて心臓血管外科医になった日本唯一の医者です。

沢山の患者さんを治してきて気づいたのが、「治す」だけでなく、

「病気にならない身体づくりを教えていく必要がある」と言う事でした。

いくら、他では分からない原因が分かり治療して良くなっても、 根本である健康な身体を維持することが本当の意味での 原因究明医療だという思いからでした。

セルフケアとしての整体サロンを始める

そこで、IMCクリニックに併設する形で
BRTサロンを開業

村上先生の気づきと厚生労働省が定義する健康の基礎となる「セルフケア」の考えを併せ持つ 「身体の状態を整えて、健康を維持できる身体をサポート」する事を目的とした サービスをスタート。

BRT整体:
身体の状態を整えるのメインのサービスが「BRT整体」でした。

BRT整体は、イメディスの技術と整体の技術を組み合わせた、 他では提供できない非常にクオリティの高い施術です。

人間の中枢は「脳」にある:
身体のコンディションは『脳の状態』
もしくは『自律神経の状態』で決まります。

身体を楽にする為には、「脳(自律神経バランス)」から身体を整える事が重要です。

BRT整体では、施術の空間に入れば「脳も身体もリラックス」した状態になります。

脳から身体をゆるめることで、頭も身体も「スッキリ」とします。

その鍵となるのは、イメディスオジリナルの技術である「周波数」を使うことです。
周波数のチカラによって、脳内から、身体の中から、ゆるめることが出来ます。

「脳を再起動」できる整体です。

セルフケアを伝えるプロフェッショナル:
整体をするだけでなく、お客様が自分で自分のケア(セルフケア)を出来るようにするのが、セルフケアトレーナーの役目と考えます。

「誰でも、どこでも、いつでも、
  簡単に出来るストレッチ」の指導

▶ 電磁波対策、カビ対策などの
  生活環境指導

 食生活や運動に関するアドバイス

 医療現場と連携した健康指導を
  日々お客様にお伝えします。

サロンを開始して約3年(2022年)、 BRTサロンは「脳と身体がゆるまる空間」として認知されてきました。

たくさんのお客様に「脳こり」をゆるめることの大切さを理解して頂いております。

サロンでは、同時に様々なニーズにあったオリジナルサプリメントを開発・販売しています。

施術者が興味を持ち始める・・・
知識・技術と資格の提供を始める

実際に施術をされている施術者の先生方にも多数通って頂けるようになり

「エレガントな施術」との評価も頂きました。

明確な差別化が出来る:

それは、「周波数」という他では真似の出来ない技術を使用することで、

他院との差別化が明確に出来ているからです。 

また、クリニック(医者)と連携した体制を取れるのも、明確な差別化の一つです。

医療現場からの情報の入手:

イメディス(周波数)を用いた医療情報をdクリニックの情報を入手できます。

特に、脳(自律神経)に関する最新の情報や臨床データを素早くお伝えすることが出来ます。 

「周波数」を用い、「脳」に特化することで、他では真似の出来ないトータルウェルネスをお伝えできるサービス・商品を開発してきました。

その結果、実際の施術者の中で「BRT整体」を取り入れたいとの声が出てきました。 昨年度までは、「ご紹介」でのみ、この資格認定講習を開催してきました。

その結果:

▶ 施術技術に関して一定の評価を頂く

▶ お伝えしている「セルフケア」情報
 が好評で、また健康管理に非常に有効
 との確信ができた

「周波数」を用いて
 「イメディス公認」として提供する
 商品・サービスが、既存ビジネスに
 大きな付加価値を与えることが出来る。

そこで、IMEDISセルフケアトレーナーをより多く普及するために認定資格講座を開設

資格講座では、

  • 施術技術はもちろんの事
  • IMCクリニックの村上院長との講義も含めた医療的な観点からみた健康の知識の取得
  • イメディスシステム(医療、メンタル、健康の関係性など)の知識の取得
  • 電磁波やカビの問題など生活環境からくる健康問題情報
  • 脳・メンタルバランスの情報 など

他の制度では取得できない幅広い分野の知識と技術を提供しています。

提供している情報は、IMCクリニックでの実際の臨床データなども含めており、絶えず医療現場からの最新の健康情報をアップデートしております。

すでに資格取得者に関しては、定期的にミーティングを行い(現在はZoomなどオンラインも含め)情報共有を行っております。

Course Contents 講座内容

lecture

講義にて学ぶこと

Practical skill

実技にて学ぶこと

lecture

講義にて学ぶこと

*取得内容は、定期的にアップデートしていおります。
IMCクリニックでのイメディスを使用した利用での臨床データやイメディスジャパンでの研究の内容を、
随時追加しています。

Practical skill

実技にて学ぶこと